あぶない農業と儲かる農業  農業は出口が大事

土日農家で薬用キノコと天然ホルモンで無農薬米栽培

キクラゲハウス

6/24 山口県光市の新規就農の方のハウス、試験栽培です。このあと、本格的に菌床を3000個搬入します。生産体制に入ると、地元で販売開拓をしていきます。温度計、湿度計ハウスの中は30度ですが、霧玉噴霧装置が、タイマーで作動していると、体感温度は、低めです。湿度計は、メーカーによってまちまちですので、複数用意する必要があります。試験栽培のキクラゲ、少し芽がでてきています。タイマー装置です。キリや千枚通しのよう... 続きを読む

植物工場セミナー

6/23 第2回先端農業経営セミナー「植物工場の事業化可能性」 in 東京・植物工場に進出したい方へのセミナーがあります。・作るだけでなく、流通や企画の研究会?もあります。・6次産業化のテーマもあります。株式会社ファームシップでは弊社と共催にて、新規農業の可能性として植物工場事業を検討されている方、先端農業の事業開発に関心を持たれている方を対象にした先端農業経営セミナーを2017年7月7日に東京にて開催する。今回... 続きを読む

イオンアグリ成功の秘訣

6/22 日経産業新聞より抜粋  イオンアグリ創造福永庸明社長―企業の農業、ITで耕す ①個々の栽培技術を集約し、データ化、IT分析することで、安定生産を可能に②栽培グループには、価格保証(買取)を不作豊作に関係なく、実行し信頼関係を築く。③変形労働時間制の導入で、週の平均労働時間を超えなければ、法定時間を超えて働くことができる制度を活用し、労働効率のアップを図る。 イオンアグリ創造(千葉市)はイオングルー... 続きを読む

世界最大のレタス植物工場

6/21 6/19企業プレスリリース 京都スプレッドさん植物工場は今年になっても、東芝、オムロン、農業ベンチャーが次々に参入しています。しかし、植物工場はこれまで、「設備・施設が高コスト」「栽培管理・技術の問題」「光熱費ランニングコスト」など確立していない課題点があったことで、利益が出ない状態でした。千葉大学発ベンチャーとして期待された「みらい」も野菜生産が安定せず、売り上げが想定を下回ったことで大幅な営... 続きを読む

キクラゲ栽培開始

6/20 徳山市から光市へ光市で、純国産きくらげ「いわたキクラゲ」を今年から栽培している方に訪問。4月末から着工した、こだわりの施設が出来上がっていました。8m×28mで3000~5000菌床できる施設です。最新式の通年栽培ができる2重ハウスです。盛土をし、水はけのよい接地面です。クラッシャー(砕石)を敷いて、清潔感もあります。2重ハウスの内部。ハウスの中にハウスがあります。空調ダクトも手作りです霧たま噴霧器4台で、... 続きを読む

吉野家農業撤退

6/19 プレスリリース農業参入は簡単ですが、黒字化、安定経営は、大手ほど失敗しています。法人の農業では、資金力があるので、施設・設備を導入できますが、反面収益性を求められます。農業では、黒字化には平均4.9年かかると言われています。しかし、法人の農業経営では、おおよそその半分の期間で黒字化を目指すのが多いようです。毎月収益を求められることで、いろいろなところをしわ寄せが来ます。・施設栽培では、この点で... 続きを読む

田植え初日

6/18 田植え開始 5名の仲間で作業 ミュージシャンの仲間が、田植え機を操作しました。 ミルキースターの田植え(農薬不使用です) 苗は、すでに植えてくれ状態でしたが、水が取れず、スタンバイ状態で2週間待機しておりました。 共同作業で、水路の掃除をして、 上の田んぼから順に、水をいれます。 本日は、4反の田んぼの田植えでした。 今週、残り、2町7反を代かき作業と、田植えを行います。... 続きを読む

野菜の日

 6/17 8/31は野菜の日(株)サラダクラブは7月1日から8月31日までの期間限定で、8月31日の「野菜の日」にちなんだ限定サラダを販売する。お一人様食べきりサイズで、おてごろです。厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は350g。この半分が取れる175g(うち緑黄色野菜が40g)のサラダ「1/2日分の野菜がとれる緑黄色野菜ミックス」を販売する。コンセプトは「野菜の日をきっかけに不足しがちな野菜をサラダで手軽に摂取してほし... 続きを読む

ため池発電

6/16 プレスリリース  三井住友建設株式会社農業用ため池で、水上太陽光フロートシステム農業関連ですが、農地を使用せず有効利用できます。 三井住友建設株式会社は、自社開発した水上太陽光発電用フロートシステムを使用した太陽光発電所運営事業に着手した。 本事業は、香川県木田郡三木町の農業用ため池を利用し、水上太陽光発電用フロート約9,500枚(パネル設置面積約29,000m2)を設置し、出力2,600kwの水上太陽光発電所を... 続きを読む

花咲かホルモン

6/15 花咲かホルモンの記事が本日の日経産業新聞に掲載されています。関連して・・・カナダ・アルバータ大学の酒井弥博士が、20年前に植物ホルモンの抽出に成功しており、大井先生が農業界で実証しておられます。この、「植物ホルモン」は次世代の農業と、有識者は言っています。今までの農業は、土、微生物、有機、化学肥料、農薬などし植物外の要素を研修開発し、農業生産を上げていました。・植物ホルモンは、細胞分裂を促進さ... 続きを読む

トマト蒟蒻ドリンク

6/14 台湾でも蒟蒻(こんにゃく)はヘルシーフードとして、人気です。日本のものより少しコリコリしている食感です。 こんにゃくドリンク(こんにゃく&緑豆&ハトムギ&ミルク)のぜんざいですこんにゃくの刺身<<モスバーガー、プレスリリースより>> モスフードサービス、熊本県産のトマト使用の「蒟蒻ドリンク(熊本産トマト)」を台湾のモスバーガー全店舗で期間限定販売 発表日:2017年6月13日食を通じて熊本県を応援... 続きを読む

ジャガイモ収穫

6/11昨日は、田植え前の草刈りの後、ジャガイモの収穫をしました。1反の畑でです。仲間4名で、販売はしませんので、仲間とその知り合いにおすそわけです。今回1割程度の収穫です。まあまあ、おおきいのも入っていました。これは、きたあかりです。アンデスレッドも栽培していますが、まだ収穫していません。... 続きを読む

NTTgp農業関連進出

6/11NTTグループも、農業分野に進出農業ビジネスを、栽培から販売管理まで、一元的に管理・活用し、拡張するシステムです。いろんな角度から、農業が進出増えています。... 続きを読む

トマト特許紛争

6/10トマト特許をめぐる訴訟 カゴメVS伊藤園伊藤園の特許に、カゴメが待った!でしたが、伊藤園に軍配が上がりました。6/9日経新聞朝刊より トマト飲料の製法をめぐり、食品大手「カゴメ」が飲料大手「伊藤園」の特許無効を主張した訴訟の判決で、知的財産高裁(森義之裁判長)は8日、カゴメの訴えを認め、特許を有効とした特許庁の審決を取り消した。 伊藤園は2013年、糖度などを一定の範囲にすることで、甘味料を加えず... 続きを読む

栃木イチゴ日本一見込み

6/9当方在住の福岡県のイチゴ生産も盛んですが、栃木に倍の差をつけられました。スケイベリーとちおとめ 栃木県の2017年産(16年秋~17年春)のイチゴの生産量は日本一を維持する見通しだ。全体の8割程度を取り扱うJAグループの5月末までの出荷量が、栃木の2万469トンに対し、2位の福岡県が1万1313トンと差が大きいため。 栃木の数値は全国農業協同組合連合会の栃木県本部(JA全農とちぎ)がまとめた主... 続きを読む