FC2ブログ

あぶない農業と儲かる農業

無農薬米といちご・キノコを栽培と農業創業指導を行っています。

夏イチゴ

3/7夏イチゴの栽培依頼仕事柄、イチゴ栽培は多く担当していますが、昨年から ある企業様から「夏イチゴ」を作ってくれとの強い依頼があります。しかも、普通の小さなイチゴでなく、あまおうのような大きな粒が欲しいと。イチゴは積算温度イチゴは、積算温度が400~600℃(品種により差異)です。従って、夏は暑くなるため、短期間で果実が成熟するため小さな粒になります。また、夏栽培用の、品種もあります。夏イチゴは酸味が強い... 続きを読む
 野菜  0  -

底値が起業のチャンス

3/4 私は、福岡市在住です。3/1に緊急事態宣言が解除され、ストップしていた県外移動の仕事がようやく動き出しました。現在、九州各県の知り合いやクライアント様に訪問しています。農家の方や、農業資材会社、農業法人が主ですが、●農家の方・売上が落ちており、融資の必要に迫られていますが、農協と交渉が難航・拡張した方は、その分売上が増えたが、利益は減少し、優遇融資の制度に乗らないなど、苦労されています。・グルー... 続きを読む

世界的な農業従事者減少

3/2フランスは収穫などの農作業に従事する人の8割近くが移民系とされ、コロナ後は深刻な労働力不足に陥った。休職状態のホテルや飲食店の従業員らを雇う動きも広がったが、穴埋めにはほど遠い。年をまたいでも流れは変わらない。「このままでは壊滅的な状況になる」。農業団体FNSEAは1月、カステックス首相に窮状を訴えた。 移動制限がもたらすインフレ圧力は当面残る。英オックスフォード大の集計によると、1月下旬時点で101カ国... 続きを読む

都市型農業

2/26コロナウィスル禍では、多くの企業、事業者が売り上げが減って困っています。新しい販路開拓や、新分野への展開など、企業は何らかの展開が必要となっています。企業+農業では、都市型農業も有望です。都市型農業では、限られた土地を有効に使い、流通コストが大幅にカットできるメリットがあります。また、付加価値を付けた販売、観光農園型も導入可能です。[都市型農業のモデル]①屋上を活用した農園都市部のビルの屋上を... 続きを読む

大型施設の再活用大学関係

2/24昨日、国立大学の名誉教授のお招きに預かり、ご教授いただきました。また、こちらの 機械に興味を引いていただきました。国際的な微生物学の大家の先生です。東南アジアへの農業指導の準備にかかっておられますが、国内の大手企業からも、大型施設の再活用の依頼がきており、私共が推進している CO2を発生させない加温装置→太陽熱利用型加温機SDKを教えてくれとのことでした。大手企業から、工場や大型施設の再活用と、それ... 続きを読む

イチゴ新規参入企業

2/23昨日は、福岡のある市町村役場にて、イチゴ栽培に参入する計画の企業さんのサポートの業務企業さんですので、認定農業者を最初からとり、拡張を目指す計画です。必要な書類を、企業さんといっしょに作成し提出 → ヒアリング書類は・公図・個人情報同意書・農業経営改善計画書・収支予算書・認定農業者申請書・研修の内容、農業スキルの報告書・その他添付資料 多数 重要なものは、省力化、機械化の計画と、雇用計画、販売... 続きを読む

世界農業遺産干し大根

2/21 宮崎の切り干し大根は、世界農業遺産です。生産者は、宮崎市内特にの西側が多く、鰐塚(わにづか)おろしという、寒風に大根をさらすことで、切り干し大根ができます。10日から2週間でできあがり、たくあんや千切り大根の材料として、供給されます。宮崎市   372.0 6,823新富町   15.0 270高鍋町   11.0 242小林市   11.0 110延岡市北方町 0.8 11県合計  409.8Ha 7,456t以下、日経新聞の記事抜粋竹で組んだやぐら... 続きを読む
 野菜  0  -

サツマイモの病気

2/19九州で問題になっているサツマイモの病気宮崎大学は、サツマイモの病徴をまとめた「サツマイモ病害診断・観察簡易マニュアル」を公開した。基腐病や乾腐病など発生の多い糸状菌やウイルスによる病徴を写真付きでまとめた。●ウイルス病害は4種類のウイルスを盛り込み、混合感染なども示した。・九州などで課題となっているサツマイモ基腐病については、「コガネセンガン」「高系14号」「パープルスイートロード」の病徴も一... 続きを読む

企業の農業進出等利用可能補助金

2/18本年3月に、公募があります「事業再構築補助金」企業の新事業・新分野にチャレンジする事業に対する補助金です。中小企業2/3中堅企業1/3通常枠:100~6000万円卒業枠&グローバルV字回復:~1億円(卒業枠・・・中堅→大企業へ) 対象:任意の3か月間10%以上の減益の企業・農業法人や農業者の場合は、加工・販売・輸出など、新分野への進出計画などは対象となります。・1企業で、複数案件も申請可能なようです。・インフラ(... 続きを読む

イチゴ栽培経営例

2/14昨日の、加温加冷自動潅水装置使った新規就農者の、経営の実情をお聞きしました。24歳の新規就農ほやほやの方が、親御さんの協力でSDKを設置し、昨年12月から収穫をスタート●栽培者の環境 地域:福岡県筑後平野 圃場:30a 労働力:夫婦2名+親御さん1名 研修:JAで2年間 売り先:系統出荷●栽培者にお聞きした感想・SDKを導入し栽培しているが、研修先のプロ農家より、生産量が上がっている。・培地の温度管理ができるので... 続きを読む

加温加冷装置新型

2/11 私どもが販売している、脱炭素時代に向けた、加温加冷自動潅水装置SDKの2型ができました。・SDK-1型では、培地を常に一定温度で保つことをを主な目的に開発され、熱源は太陽熱温水ヒーターです。曇りの天気まで、太陽熱ヒーターで充分温水が作れます。これを蓄熱し、夜間から、温湯潅水して、培地を温めると、朝から植物が元気に活動します。既に、導入しているところは、室内加温しない方で加温コストを8割減となっています... 続きを読む

多肥設計は可能か?

2/8慣行栽培の施肥量を超える多肥料栽培は可能でしょうか?・実証例としたら、熊本の企業が50年前から行っている中嶋農法というものがあります。この農法は、土壌分析を行い土壌を健全にし、植物のミネラルバランスをとり、多肥量栽培を行うものです。数カ所のJAや、大手農業法人で導入されています。中嶋農法のコンセプト創設者中嶋常允さん(故人)厚生労働省や農水省の研究会の委員を歴任された方です・この農法の立ち上げに関... 続きを読む

フィンガーライム

2/6柑橘類で、オーストラリア沿岸部原産のフィンガーライムがあります。単位結果性で、四季成りの果実が採れる常緑樹です。オーストラリア沿岸部では、最低気温10℃です、耐寒性は弱く、0℃以下では、上部が枯れます。根が生きていたら、春からまた成長します。●料理の添え物に、デザートにいろいろ利用できます。知り合いの生産者の昨秋の収穫物実の色も、薄いグリーン、黄色、ピンク、紫、青色と色とりどりです。5cm~8cmのかわい... 続きを読む
 果樹  0  -

あまおうイチゴ価格

2/4イチゴの代表的ブランドでは、「あまおう」があります。海外の商談では、日本の大粒で甘いイチゴは、すべて「アマオウ」と称され取引されています。今年の価格は、出端(ではな)が高かったのですが、現在もいい値段で推移しています。今年は、大玉が多く生産されています。1月寒かったせいで、いいサイズがでています。2/1の博多大丸/三越の店頭価格です。1粒が540円(税込/博多大丸)5Lサイズ超 50g以上です。軸付きあま... 続きを読む
 野菜  0  -

貴重な無農薬茶栽培

2/2 お茶栽培では、多くの農薬を使います。お茶は虫が多く着くのです。このため、お茶の最高級ブランドは、チャノミドリヒメヨコバイというウンカに葉を食べさせた茶葉といわれます。台湾で生産されています。この黄緑色の小さな虫が茶葉をかじると、小さく黄色い斑点ができ、その後、葉は波打つように変形し、黄色っぽく変色します。国内では、お茶の価格は10年前の1/10になっております。清涼飲料のお茶の需要は増えていますが... 続きを読む
 果樹  0  -